悪意のエネルギーの話

私の知人で商売で大きく成功している人がいました。
その人は、仕事が絶頂の時期に、
奥さんが妊娠して、はじめてのお子様ということで、


たいへん喜んでおられ、いろいろな場所で、
「もうすぐ生れるんだよ」と話しておられました。
ところが、赤ちゃんは出産予定日の数日前に
突然に亡くなっていたのです。お腹の中で。


私もこの話をきいて大変心を痛めました。
彼に対して、成功者への人の妬みの破壊の念の
エネルギーの問題をもっと強く警告してあげるべき
だと心が残りました。


商売での大きな成功は周囲の同業者の強い妬みを
産みます。一人ずつは小さくてもそれが何百人と
集まれば、強い破壊力になるのです。


その方は体力もあり充実した状態で日々を送っており、
他人の生霊などはねかえすほどの気力でしたので、
本人を攻撃できない生霊は、周囲の一番弱い物を攻めたのです。
本人が大切にしているペットや赤ん坊が
しばしば犠牲になります。


多くの人がその方の成功をねたみ、
若くて美人の奥さんがいて、子宝にまで恵まれることを
激しく嫉妬したのでしょう。


かわいそうなことにお腹の中で産まれる寸前に
原因不明の突然死をしていたのです。


医師にも原因がまったくわからないとのことでした。
こういう事例は枚挙にいとまなしです。
そして、いくら気をつけていても、完全に防止するのは難しいです。


もちろん、自慢しない、聞く人の気持ちを配慮して話す、
「好事魔多し」の箴言を忘れず、油断しないなど、注意は必要です。


それでも飛んでくるものもあるのです。
特に不特定多数からの生霊の場合、対応が難しいです。


そこでどうするかですが、
生霊の存在や作用を感じる人は、地域の一之宮で
「厄除け」の御祈祷を何度か受けることをお勧めします。


今のところ、この方法が一番、無難で弊害のない、
マイナスエネルギーの解除の方法です。


なぜ、一之宮が良いのかは、
拙著『前世療法 医師による心の癒し』(東方出版)
にも詳述しているので、ぜひご覧ください。


そこへ詣でて、「厄除け」のご祈祷をお受けになると、
良いでしょう。何度か受けることで次第に浄化され、
取り除かれていきます。


その場合、心の中で相手の幸せを祈り、生霊を出したほうの人も
幸せになることで二度とこのような念を出すことのないように
祈ってあげると効果的です。

あわせて読みたい関連記事: