今の自分がふがいないと悩む時どうするか?

今生のテーマ

自分の家庭環境や自分の体質や性格、そして脳の構造に至るまで、前世で積み重ねたものの結果が今の自分に授かっています。遺伝情報も素因もすべて前世の結果です。今、足りないということは、前世でそこの部分を磨き足りなかったというだけなのです。そして、今生では、できないなりにも磨いていくことで、その方向性に自己練磨の徳が積まれます。

肉体は生まれ変わりながら魂が進化するための乗り物

それは、今生でも能力がわずかずつでも伸びることをもたらすし、来世の自分には良き素因、才能を与えることにもなります。ですから、できないことをあきらめるのではなく、できないなりにでも、少しずつ、わずかずつでもゆっくり伸ばすつもりでいて良いのです。また、そのためにはまずは長所や好きな事に目を向けていく方が良いです。なぜならば、長所を伸ばすと、その過程で、短所もわずかずつ伸びるからです。

前世から受け継いだ長所に相応しい遺伝子に魂は受肉する

もし、短所の矯正に集中すると、その状況は誰にとっても苦しいばかりなので、短所もなかなか矯正できないし、結果的に長所も伸びず、どちらもうまくいきません。たとえば、発達障害に生まれてくる人でも、パーソナリティ障害の傾向があっても、あるいは依存症や、単に性格の歪みとされるレベルであったとしても、自分の「できない部分」は前世の結果であることを理解したうえで、「できる部分」を伸ばしていくことが今なすべき最善の道だということです。これを心がけていると、時間の差はあっても、誰であろうと、結果的に、「できない部分」が少しずつできるようになっていくのです。

まず長所を伸ばしながら足りない部分は少しずつ磨けばよい

脳の問題や性格、心の問題だけではありません。体の問題も同じです。腕がない人は、多くは前世で人の腕を切り落としています。目が見えなくなる人は戦争などで人の目を傷つけています。そのような因果応報は他者への行為のブーメランです。脳や人格や能力や性格の部分というのは、これまでの複数の前世で自分が自分に対してしたことの結果なのです。そして、努力しなかったことの結果でもあります。これまでの前世で努力しなかった部分は今生の自分には
備わっていないというだけのことなのです。それがわかったら、少しずつでも自分を向上させようと立志発願して、歩き出せばそれこそが、天地神明の道に合致した正しい生き方です。「できない自分」を責めるのではなく、それでも前向きに進む自分をほめて心を励まし、生まれてきた人生の本義を果たしましょう。

あわせて読みたい関連記事: