パワースポット~通じる祈りと通じない祈り

誰かに認めてもらうと自分は幸せになれる、という感覚を持っている人は多いと思います。自然な心の傾向であり、「自己重要感」を満たそうとする働きです。しかし、このことへの渇望があまりに強くなると、誰かに癒してもらおうとすることから脱却できなくなってくる弊害があります。このような他者依存的な発想でいる限り、人生の混乱はなかなか終わりません。

誰かに相談することは癒しの第一歩だが弊害もある

例え、相談して話を聞いてもらって、一時の安心を得ても、それは麻薬の癒しのようなものです。問題が解決したり、現実を変えたわけではありません。癒しをもとめて延々と旅を続けるような迷いの袋小路に
はまりこんでしまうことにもなりかねません。話をきいてもらう「癒し」がいつのまにかゴールになり、問題解決の回避や後回しになる恐れもあります。そういった負のスパイラルを脱出し、自分の祈りと想念を正しく運用して自分の中にある無限の力を動かすことを会得していくノウハウが「開運究極奥義」です。教材では「本物のパワースポット」の活用を重視していますが、参拝するのは、おかげ信仰のためではありません。おかげ(御利益)は確かにありますが、もっと大事なことがあります。

立志発願して自ら幸せを引き寄せる方法を会得しよう

神に向かうのは、「立志発願」をするためです。もし「立志発願」をして生きていないなら、いくら、正しいパワースポットに足を運んでも、それは「おかげ信仰」ですから、神様は動かれません。結果を出している人は「立志発願」した人です。体験談に掲載されている人達は、志を立てて、自分で解決するために具体的に行動した人です。正しい祈りを重ね、正しい自己暗示を重ね、日々の生き方を改めることで、結果的に周囲の人間までもが感化されて変容したのです。あなたが「立志発願」をして、行動していくことで、潜在意識の無限の力、つまり、神様が動いて、障害物が除去されるのです。「立志」とあわせて大切なことは、自分や周囲の人々が幸せになることを「発願」することです。愛情や豊かさや進歩向上について、しっかりと表現して祈ることが大切です。

幸せを引き寄せる正しい祈り方を理解しよう

具体的な祈りの部分は教材で伝授した工夫を理解し、きちんとこまやかに表現して祈ることでパワーが動くようになります。祈り方がズレていると、神様は十分に動かせません。愛と真心に帰一して具体的な内容を祈ることで現実化させる働きが出てくるのです。ただし、事柄だけ祈っても効果は弱いです。事柄の推移を祈っても、そこにはうまく愛念がやどりません。愛の念が宿るには、○○さんが幸せになりますように。救われますように。安心して暮らせるようになりますように。生きがいや喜びが得られ、成長できますように。といった、内面世界の歓喜感動についての祈りがそこに含まれている必要があります。もし、事柄の推移、例えば病気が治りますようにとか引きこもりが治りますようにとか、そういう祈りだけなら、神様は十分に動きません。そこに愛の念がこもらないからです。

意識をどの部分に向けるかで引き寄せは変る

病気が治って心から喜んで安心しますように。引きこもりから脱却して生きがいを持つことができ、毎日、笑顔で感謝して楽しく過ごせるようになりますように。ということであれば愛の念が宿ります。この違いがわかりますか?祈りというのはここまで詳細に丁寧に中身を考えて祈らないと、事柄だけ延々と祈ってもそれは単なる執着心の黒雲にまみれた汚れた祈りとなることも多く、それでは神様まで届かないのです。神様は事柄のことで動くのではないのです。愛と真心の部分に動いて下さるのです。そして、結果的に事柄も解決するのです。これがわからないと祈っても大きな奇跡が起こりません。この教材を熟読すれば必ずわかることなので、しっかりと理解して下さい。 詳細はこちら⇒ 【開運究極奥義】

あわせて読みたい関連記事: