心理療法の行き詰まりはこうすれば打開できる

一般的な心理療法やカウンセリングを受けても
なかなか思考の歪みの悪癖が解除できない人は、
どうすればそこから脱皮できるのでしょうか。

現実問題で、行き詰っている人には一定の特徴があります。
パワースポット活用法を併用したことがまったくないか、
間違ったやり方で行っているかのどちらかです。

正しいやり方を習得して、実践した人は、
環境が変わったり、問題が薄紙をはぐように
解決して、心理療法の効果も明確に出てきます。

素直に続けた人は、驚くべき開運をとげています。
スタート時点がかなり苦境だった人の場合でも
その苦境からまずは脱出するところまで到達しています。

これに対して実践をしない人は、やっぱり変わりません。
また、ちょっとだけかじるように実践し、途中でやめてしまう
人も、やっぱり、ちょっとだけしか変わりません。

思考を変えましょうといわれても、
なかなか変えられない人こそ、この方法が救いとなります。
それなのに、そういう人ほど、これを軽視するのです。

よくて、「一度いってみたけど、、、、
何も変わりません、、、、、」というレベルです。

一度いけば全部変わるなどとは、どこにも書いていないのですが、
このように自分勝手に解釈して、
とにかく、「できない理由づくり」に励むのです。

「できない理由」を考えるのではなく、
「どうしたら、できるだろうか」と考えなくては、
潜在意識は改善の方向に動いてくれません。

「なぜできないんだろう」ではなく、
「どうしたらできるかな」です。

そして、現実世界での行き詰まりがあるのは、
神霊世界でも行き詰っているからなのです。

顕在意識での行き詰まりは潜在意識での行き詰まりが
あるからおきてきます。

まず、目にみえない世界を整えるほうが何倍も
早い改善方法だからこそ、教材では重視しているのです。

実践できている人としない人の差がはっきり出るのが
パワースポット活用法です。

行き詰まりに悩む人こそ、
神霊的行き詰まりを打開するパワースポット活用を
学び、実践していくことをおすすめします。

これはたくさんの人が結果を出している
再現性がきわめて高いものですから、
自信をもって、このように言えるのです。

最教材は先祖供養を通じて自分だけではなく
親子、親戚縁者も開運していくノウハウです。
詳しくはこちら
『開運究極奥義~前世療法から見た正しい先祖供養と神社参拝』

あわせて読みたい関連記事: