妬んだり自己嫌悪しないで、素直に祝福を

成功体験を見聞きしたり、
うまくいっている人を見たとき、
二通りの反応が多いです。


一つは妬みです。
「うらやましいなあ」という気持ちです。


もう一つは自己嫌悪です。
「どうせ自分は」と悪い方に開き直ったり、
「どうして自分はこんな状況なのだろう」と落ち込みます。


これは、両方とも、自分の開運や成功の足を
ものすごく引っ張るので、おすすめできません。


人の成功や豊かさや名誉などをみたときに、
まずは、妬まないことが大切です。


逆に祝福を送るとよいのです。
「おめでとう。よかったですね。そして、私にもやがて、
このような成功がめぐってくることでしょう」


という心でいれば、潜在意識はそのとおりに
良きことに近づけてくれます。


他人の富や繫栄や幸福を承認し、祝福するということです。
それは自分の富や繫栄や幸福を承認し、祝福しているのと
同じ作用を潜在意識に及ぼします。


「人の幸せは自分の幸せ」ということです。
もちろん、理不尽なものを承認する必要はありません。


常日頃、「日本国民がすべて幸せでありますように」
という祈りをしている人にとって、
近所の人の成功や幸福は、「うれしいこと」であっても
「ねたましいこと」にはなりません。


他人の成功や幸福は、未来の自分に起きるであろうことの
可能性を見せてくれているということです。


ですから、祝福すると同時に、
やがては自分にもすばらしい幸せがくるのだと
確信するようにすればいいでしょう。


妬んでいるときは「許せない」「認めない」
という気持ちなので自分にも作用してしまいます。
それゆえ、自分の成功や幸福も実現できないのです。


自己嫌悪についても、自分を否定する想念なので
好ましいものではありません。


ここまでがんばってきた自分のことを
ほめてあげましょう。


そして、「もっとできる、まだまだやれる」と、
自分の可能性を大きく認めてあげましょう。
その言葉かけに潜在意識も応えてくれますよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村

あわせて読みたい関連記事: