前世療法から見た経営と人生哲学

経営の神様と称される人は何人かいますが、
共通しておっしゃっていることは、経営というのは
どこまでも積極的でなければならないという点です。


どこまでも積極的に進むことを一様に
指摘しています。


そうでなければ、会社はつぶれるというのです。
積極的で勝気で前向きに行くという部分は
共通しているのです。


もちろん不採算部門を切り上げて撤退することも
あるかと思いますが、
その場合も新たな創造のための破壊と受け止めるのです。


これは個人の人生哲学にもあてはまる話です。
人生においても、どこまでも積極的で勝気で、
創造的に進んでいく気概があるほうが幸せになれます。


その気持ちであれば、生命力も引き出されるので、
アンチエイジングも自然にできて健康長寿となるのです。


魂の力、意志力が強いことが大切です。
その力は筋力のように鍛えることができます。


人生を素晴らしくするという強い意志は、
経営者でも個人の人生でも通じる開運の鍵です。


そこには「目標」がなければなりません。
「目標」あるいは「志」があることが、
前進するためのエネルギー源です。


前向きな考え方を生み出し、理想を明確にすること
をいつも意識していくことが大切です。


パワースポット完全活用マニュアルを実践して、
開運する人が多い理由の一つもここにあります。


パワースポットの効果もありますが、
目標を明確化する儀式としての神社参拝を行うことで、
潜在意識のエンジンを全開にさせているのです。


自分の人生計画をしっかりと立てること、
主体的な人生の脚本を書いていくこと、
これがとても重要です。


人生計画は、定期的に書き直してバージョンアップ
していくようにしましょう。
月に一度ぐらいは見直すようにするとよいでしょう。


専用のノートをつくっておくと
頭の整理になります。


私達は、自分という会社の経営者であり管理職であり社員です。
自分という会社を自分で経営しているという意識を持ちましょう。


経営者脳を持つということです。
社員脳や管理職脳でとどまらず、経営者脳になるということです。


経営者とはビジョンをもって会社の進むべき道を定めます。
立志発願は、開運のための最も重要な項目です。
これは何歳からでも実践できます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村

あわせて読みたい関連記事: