因果応報と引き寄せの法則

【質問】


いじめに関する被害者、加害者の前世や来世の因果応報について、
納得できるのですが、
見て見ぬ振りをする、傍観者の同級生や、
隠蔽工作をする、学校関係者は、
どのような、将来があるのでしょうか。
いじめている側と同じくらいの裁きは、ないですか?
当事者以外の第三者の数は、数多く、
どんな世界にもあると、思うのですが!




【回答】


因果応報という働きは、
本来は裁きではありません。
魂が学ぶための作用なのです。


それは引き寄せの法則と同じ原理なのです。
心に思うことが実現しているということです。


潜在意識には自他の区別がないので、
「他人をいじめることは自分をいじめること」なのです。
それゆえに、それが自分にも起こるのです。


そのため、傍観者、隠蔽工作者、
知りながら助けなかった教師といった人には、
その人の想念のままに引き寄せが起こるのです。


具体的に申せば、傍観したのであれば、
今度は自分が助けてもらえず、傍観されるのです。


肝心なことを隠蔽したのであれば、
今度は自分が肝心なことを隠蔽され、苦しむことになります。


教師としてあるまじきことをしたのであれば、
今度は自分が生徒になって、
教師から同じことをされるのです。


裁きというよりも、自分が思ったことが
再び実現しているのです。
自分が出したエネルギーが自分に戻ってきます。


これが因果応報であり、引き寄せの法則なのです。
「いじめている側と同じ裁き」ではありません。


その人それぞれが出した想念がそのまま実現します。
その人が、愛や真心、感謝や友愛、親切や慈悲の
想念をいつも出しているのであれば、


それが自分に再び返ってきます。
自分にも同じような幸福がめぐりきたるのです。


この作用を本当に理解すれば、
犯罪や悪徳は、できなくなります。
それが自分の首を絞めていることに気づくからです。


学校教育で、前世療法に関する研究成果が、
授業として教えられるようになると、
いじめや暴力は今よりも減っていくことでしょう。


また、親は子供にこの法則を教えるべきなのです。
それが子供の一生を善導することになります。


因果応報の法則と引き寄せの法則は
同じものを別の表現で説明しているだけです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村

あわせて読みたい関連記事: