人間としての努力が足りているか?

プラス思考と怠り心がごっちゃになると、
努力をおろそかにすることがあります。
わかりやすい例で説明します。


ある生徒が受験勉強をしています。
プラス思考で「絶対に合格できる」と思い込んでいます。
そして、勉強はろくにやりませんでした。


結果はどうなるでしょうか?


これは、本当のプラス思考とはいえないです。
本当のプラス思考とは、天地の法則(神仏の御心)
を知り、行動できるものです。


人間としてなしうる最善を尽くし、
あらん限りの努力(つまり真心)を尽くすのです。
あらゆる事態を想定して対策を講じておくはずです。


そこまでやって始めて、
「絶対に大丈夫だ」と思えるのです。


また、最初からそう思っているからこそ、
最善を尽くすだけの苦労をいとわずにやれるのです。


「こんなことをしても無意味かも」と思っていると、
そこまでの努力はできないです。


自分は神様に守られているから絶対に大丈夫だと確信して、
人間としてあらん限りの努力をするというのが
人生全般の正しい向かい方です。


あらゆる事態を想定して、対策を講じるのが「真心」です。
いつも霊能者・占い師に相談する人の心は、
この手間を省こうという心根から発しています。


霊的存在の声を霊能者や霊媒やチャネリングのような形で、
常時、聞こうとする行為や、霊視、リモートビューイング、千里眼など、
な霊眼で見ることを常時、利用する心が道から外れているのです。


禅の修行中にも未来が見えたり、
霊と対話したりできる境地が開けることがありますが、


禅ではこれをすべて「魔境」であると断じ、
修行者にこのような世界とかかわることを厳禁しています。
これは禅の歴史の中で導き出された明察です。


なぜならば、人は現実社会で、日常生活の中で魂を磨き、徳を積み、
世に益する行為をする中で、霊的に成長するのが正道だからです。


お釈迦様も、正しい神通力とは、
「教戒神通力」だといっています。


六大神通力は方便でしかないと断じました。
天眼、天耳などの通力つまり霊視、霊聴、
それを本物じゃないといったのです。


教戒神通力とは日常生活の中で一生懸命に
現実の努力を重ねるときに、天来のヒラメキと導きで
正しい方向にごく自然に進むものです。


「99パーセントの汗と1パーセントのヒラメキ」です。


本当の守護霊が教えてくださる場合は
このような自然な形で導き、お告げなどはしません。

あわせて読みたい関連記事: