魂はキズつかない~すぐに「傷ついた」という人へ

「私はいま、その言葉でキズついた!」
と誰かに責められて、窮したことはありませんか?


「キズついた」「キズつけられた」
こう言った人が勝ちだなと思ってしまったことはありませんか?
人は誰かのせいにし続けるとラクです。


自分は弱者で被害者だから、それに対して、つぐなってくれ、癒してくれ、
やさしく配慮しろ。そうしてくれるのが当然だ。
当然のことをしないお前は悪い奴だ。


そうやって周囲をせめてばかりいるのはラクです。
自分は悪くないのですから、変わらなくて良いから。


そう、これは自分が変わることを怠るための言い訳なのです。
自分のほうに問題があれば、自分が変わるしかない。


しかし、それがイヤなので、めんどうなので、
こうやって誰かのせいにしたがるのです。


大切なことをお伝えします。
「魂はキズつかない」


「キズついた~」と思い込む自分があるだけです。
被害者になってラクをしたい自分があるだけです。


その意味においてトラウマとは自己創造物です。


このことを深いところで悟っている魂の持ち主は、
どんな最低、最悪の虐待や不幸や裏切りに会っても、平然と乗り越えて、
自分を素晴らしい幸せまで導いています。


実際、人生のストレスでダメになる人もいれば、
それをバネに乗り越えて大成功する人もいます。


その違いは何か。
それは「魂はキズつかない」と悟ったかどうか。


「キズつく」と決めるのも自分。
「キズつかない」と決めるのも自分。


前世療法では「因果応報」という概念を
学ぶことになりますが、この概念は、
「すべての不運不幸の源は自分の過去世の行為による」


という宇宙観、世界観への目覚めです。
誰かのせいという言い訳はこの見方では通用しなくなります。


それゆえに、誰かのせいにすることを放棄せざるを得なくなります。
そこから、新しい出発が始まるのです。


この見方だけは、従来の心理学では得られない部分です。
生まれてから死ぬまでだけの時間軸で宇宙を見る、
従来の心理学の限界を超えた処方箋がそこにあるのです。

あわせて読みたい関連記事: