精神エネルギーを増やす方法と減らす方法

やる気がでない、がんばれない、と悩んでいる人。時々、そういう状態になってしまう人。これは、精神エネルギーが減少している状態です。精神エネルギーはいろいろな原因で衰退します。他人からのマイナスの想念が作用している事例も多々あります。

自分の心がけ次第で精神エネルギーを増やしたり減らしたりしている

どんなときにエネルギーが増し、どんな時に減衰するか。それは、心に感謝と希望があるとき、エネルギーは増加します。感謝の心を持っていますか?仏教では父母の恩、天地の恩、衆生の恩などといいます。いま、ここにいることに、感謝できるようになると、精神のエネルギーはどんどん増加します。それがやる気を生じ、元気を生じさせます。

希望とは、未来への肯定的なイメージ

「どんどん良くなる」「すべてはうまく行っている」というのは、未来への肯定的イメージを喚起するキーワードです。心に感謝と希望が満ちていると、精神エネルギーは常に充電されたようになり、無限にあふれるごとく湧いてきます。それではエネルギーを減らすのはどんなものでしょうか。感謝の逆、希望の逆ですね。感謝の逆は、不平、不満、文句、愚痴、悪口です。希望の逆は絶望です。未来への否定的イメージです。心にこういうマイナス想念が占めているとき、精神エネルギーはどんどん消費されて消耗して、その結果、やる気も元気もなくなっていくのです。

私たちは本当は無限の精神エネルギーを持っている

これをもっと活用していけるよう、工夫していきたいものです。その鍵は口ぐせです。どんどん良いことばを口にしましょう。明るく、前向きで、発展的な言葉を増やしましょう。自分の心の声を選別し、マイナスよりもプラスが多くなるように意識するだけで変わってきます。悪い言葉や否定的な言葉は、マイナス暗示にしかなっていないのですから、口に出すのをやめていきましょう。

あわせて読みたい関連記事: