潜在意識に入った想念(思考と感情)は現実化する

潜在意識

潜在意識の最大の特徴は自他の区別がないことです。たとえば、誰かを責めたり、憎んだりしているとき、潜在意識はその概念を、自分のこととして受け取ります。そのため、責めたり憎んだりする相手ではなく、自分自身の身の上に、不運や不幸を引き寄せてしまうのです。

人を呪わば穴二つの意味とは?

つまり、人を呪わば穴二つとは、憎悪の念により自分にも不幸が引き寄せられるとの意味なのです。反対に誰かの幸せを心から祝福すると、その祝福した幸せと同じものが、自分にも引き寄せられます。正確には同類の別物が引き寄せられます。誰かの結婚を心から祝福すれば、自分にも幸せな結婚が。誰かの幸せな恋を心から祝福すれば、自分にも同様の恋愛が。ここで、ポイントは「心から」ということです。心から祝福するには、やはり、因果応報の法則を理解することが大切になります。

幸せや成功は前世での積善や今生での努力の結果

その人がなぜ、幸せなのか。それは過去において、人に愛をもって接し、人を幸せにしてきた徳分が自分に戻ってきているだけです。自分にも他人にも、愛をもって接し、肯定的な思考と感情で接してきたということの成果なのです。それがわかれば、あなたもそれができるようになります。どんなに大きな幸せでも、どれほどたくさんの幸せでも、夢と希望を持つことは自由です。そこに意識の焦点をあわせて、愛と感謝と許しの心で生きていくなら、潜在意識がやがて、それを引き寄せてくれるのです。自分や他人を非難したり、愚痴ったり、責めたりすることをやめましょう。特に家族や身内へのマイナス想念は、悪影響が大きいです。

身内に潜むドリームキラーに気をつける

自分が意識を変えようとするとき、もっとも足を引っ張るのも身内や家族、あるいはごく近い友人です。こうした人々とは深く意識がつながっているので、そのグループの恒常的な意識レベルが定まっています。そのグループで誰かが突出して意識レベルが高くなろうと動き出すと、それを邪魔して元通りに戻そうと無意識に行動するのです。「そんな夢を持ってもどうせ無理だよ」「そんなことできるわけないでしょ?」「どうせ、失敗するに決まってる」身近な人のこんな言葉で、あなたの変化を邪魔をされたとき、そんなときこそ、開運の天機です。このドリームキラーを乗り越えて、信念をつらぬくならば、すべてが変わり始めるのです。

あわせて読みたい関連記事: