自分が出したエネルギーは自分に戻ってくる

自分が誰かを強く恨んだり、妬んだり、殺そうと念じたり、
強く悪意の想念を作り出していると、そのエネルギーは、
相手へ飛んでいき、相手を病気にしたり事故にあわせたり、
不運に陥れたりしてしまいます。
 
 
つまり誰かに呪いをかけることは可能なことなのです。
しかし、同時にその破壊的な意識のエネルギーは、
返す刀で自分を斬るのです。
 
 
「人を呪わば穴二つ」
 
 
といいますが、自分の出した破壊のエネルギーは、
必ず自分に戻ってきます。
 
 
そして、その時に自分のパワーが
充実して強い時には、それは自分の家族、子供、赤ん坊、ペットなど
周囲の大切な存在を破壊します。
 
 
自分が強くてはね返すので、周囲に向かうのです。
ペットを飼っている場合、ペットが突然死したり、
妊娠している家族が流産や死産をしたりします。
 
 
十年前、二十年前に出した他人への殺意のエネルギーが、
後になって自分の人生の大事な時期に降りかかってくることもあるのです。
それは人間には厄年などのライフサイクルがあり、
 
 
盛運期と衰運期の波を繰り返しており、
その弱くなった間隙をついて、やってくるのです。
厄年の前後などに多くみられます。
 
 
また、他人から妬まれることも非常に注意を要することです。
妬み、嫉妬、羨望などのエネルギーもまた、
妬まれた人の幸福を破壊しようと動きます。
 
 
仕事などで絶好調の時に、ふいに不運がおきることがありますが、
これなどは、成功を妬む大勢の人々のネガティブエネルギーのなせる技です。
これも自分が充実して強いときは家族やペットにむかってきます。
 
 
一人一人の出す妬みの念がごく小さなものであっても、それが
かけることの何千人、何万人となったとき、大きな破壊力を持つのです。
 
 
自分が出したエネルギーは自分に戻ってくるのですが、
その戻り方には自分に直接戻るものと、
自分の愛する家族やペットにくるものがあります。
 
 
自分を責め続けていると、自分のメンタルが不調に陥りますが、
これも自分に戻っているケースです。
 
 
一方、他人を責めたり憎んだり殺意をもったりする場合には、
自分に直接戻らず、大切なものを傷つけることもあります。
 
 
自分が誰かのつくりあげた幸福や成功を憎んだり妬んだりする場合には、
このような戻り方になる場合もあります。
 
 

あわせて読みたい関連記事: