前向きに生きることをあきらめない

人生において、もっとも大切な極意の一つとして、
「前向きに生きることをあきらめない」があります。
 
 
いかなるときにも前向きであれ、と言われると、
「つらいなあ」と感じる人も多いのではないでしょうか?
 
 
確かに私達は、時に疲弊し、時に挫折しそうになるものです。
思い通りに物事が展開しないことは人生では日常茶飯事です。
 
 
そのたびに、落ち込み、気力が低下し、やる気がなくなるのが、
普通の人間なのかもしれません。
 
 
しかし、人生を主体的に生きて幸せをつかもうとするなら、
この姿勢では、一向に願いが叶いません。
 
 
幸せになるためには、一時、落ち込んでも、すぐによみがえることを心がける必要があります。
打たれ強くなるということがたいへん重要なのです。
 
 
がくっと落ち込む出来事があって、しょんぼりしても、
いつまでもそれを引きずることなく、
自己回復の呪文を唱えることでよみがえることができます。
 
 
「なんとかなるなる」
「必ずよくなる」
「すべてはうまくいっている」
 
 
たとえ、一見、悪いように見えることがおきても、
もっと大きな開運のための布石に過ぎないものかもしれません。
 
 
このことを自覚する努力をし、
自分に声をかけていく、セルフコーチングが大切です。
自分が自分のコーチになって、自分を導くのです。
 
 
難しい状況や難しい問題であればあるほど、
あなたの魂は磨かれていっているのです。
すべては砥石です。
 
 
前向きになることをあきらめないことを、
あらためて、自己確認しておきましょう。
 
 
歴史上の偉人伝は、勉強になります。
多くの偉人達は、あきらめることなく、最後まで
希望とともに生きました。
 
 
孔子、諸葛孔明、楠木正成、上杉謙信、津田梅子、
キュリー夫人、ナイチンゲール、マザーテレサ。
彼らの人生は、常に、前を向いていました。
 
 
志半ばで死んでいっても、前を向いていたからこそ、
輝きと名を遺し、後世の人のお手本となったのです。
 
 
前向きに倒れる生き方があなたにもできるかもしれません。
逃げて死ぬのではなく、戦って死ぬことができるかもしれません。
 
 
それが本当の意味での
「生きる」ということではないでしょうか。
 
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ
にほんブログ村

あわせて読みたい関連記事: