欠点や弱点の克服についての考え方

自分の欠点や弱点について悩むとき、
それをどう考えていくのかについてのお話です。
 
 
一例として、料理がどうしてもできない
という女性のお話をします。
女性の中でも料理がきらいだという人は結構みかけます。
 
 
女性は料理ができなければならないという
固定観念があるため、このことを自分の
欠点や弱点だと受け取って、
 
 
それについて悩んでいたり、
自分を責めていたりする人もいます。
 
 
しかし、そんな人は、むしろ逆に、
「料理をつくりたくない」という
自分の気持ちを大切にされることをおすすめします。
それをわざわざ変更しようとするのではなく、
 
 
自分にできることをできる形で実行することに
自分のエネルギーをそそいでください。
 
 
私達を苦しめる最大の要因は、
できることや、やりたいことがあるのにもかかわらず、
それをしないままにしておくことにあります。
 
 
やりたくないことと格闘するのは、
多くの場合は、人生の時間の無駄です。
 
 
まず、そこの発想を転換しませんか?
もし、結婚ということを考えるにしても、
自宅で自炊せずに外食ですませている夫婦もしばしばみかけますし、
 
 
自炊といっても、スーパーで惣菜を買ってきて
すませる家も多いのであって、
なんでも一から調理している家はむしろ少ないのです。
 
 
また夫が調理師とか外食産業などで、
料理が上手であったり、
趣味が料理という男性も増えています。
 
 
自分にぴったりあう人を探せばよいのです。
女性の手料理がパートナー選びの第一ポイントだという
男性もいるかもしれませんが、
 
 
そんな男性を選択しなければよいだけのことです。
価値観が合うとか、同じ趣味を楽しめるとか、
判断の基準はさまざまです。
 
 
あなたの長所や美点を重視してくれるパートナーを
引き寄せるように祈ることに全力をあげるほうが
はるかに実現が早いのです。
 
 
それが長所進展の法則です。
短所や欠点や弱点を改めることよりも、
長所や美点や強みをいっそう磨いていくことが大切です。
 
 
こうした好き嫌いの原因は多くは前世にあります。
しかるべき因果があって、
その嫌いという感情が沸いているのです。
 
 
それを無理やりにねじ返す必要はないのです。
今の自分にとって、本当にやりたいことをしっかりと見据えてください。
 
 
本当にやりたいことやできることを
毎日、一生懸命に努力していきましょう。
没我没頭して前進しましょう。
 
 
それだけで立派に魂を磨き、才能を磨いています。
生まれてきた目的を達成できています。
 
 
もっとレベルの高い次元になれば、
短所克服は必須になります。
 
 
しかし、今のあなたが、それを苦痛と感じるならば、
そのレベルにまだ到達していないのです。
 
 
人間は長所を伸ばすだけ伸ばしきったら、
その分野を卒業して次のテーマに進むのです。
 
 
あなたはまだ伸ばしきっていないのです。
だから、短所に取り組むよりも先に長所を伸ばしてください。
 
 
短所に取り組む時期がきたら、自然に楽しんで
やれるようになります。それは来世かもしれません。
 
 
くよくよ悩んで前進できない状態が
もっともよくないです。
 
 
あなたが本当にやりたいこと、できること、
得意なことを、もっともっと磨いてください。
それで十分に魂が発動します。
 
 
魂が発動すれば、魂のガイドである守護霊の
応援もいっそう強くなりますので、
自分にあった、自分を活かせる道、人生が、
自然に開いていくものです。
 
 
自分の長所、自分のしたいこと、
自分の得意なこと、興味があること、
それをしっかりと見て、
 
 
そこにむかってどんどん前進しましょう。
それがすべてを癒します。
 
 

あわせて読みたい関連記事: