自己実現について

『自己実現の方法』が身につけばメンタルの不調は治ってしまいます。
『自己実現』とは、生きがいと幸せを感じて、
毎日を喜びに満ちて楽しんで生きている状態です。
 
 
誰もがそんな状態になれる方法を学ぶことが大切です。
知人のHさんは会社社長ですが、
彼の自己実現は普通の人とは中身がかなり違っています。
 
 
Hさんは若い頃から『神様に喜んで頂くこと』だけを人生のテーマにしてきました。
Hさんの言う神様というのはどこかの宗教などではなくて、
もっと普遍的な存在を指しているのです。
 
 
十代の若い頃から、これだけを考えて生きてきたと彼は言います。
そんな生き方を貫いていると自然に目の前の事柄に
誠実に精一杯取り組むようになります。
 
 
その結果、特に期するところないままに自然に社長になって成功しました。
Hさんは『論語』や『易経』などの古典を読むことのほか、
絵や書もたしなみますが、結婚や異性には関心を持たないことを
若い頃に心に決めておられたので今も独身を貫いておられます。
 
 
毎日が充実して生きがいに満ちているとHさんは言います。
彼にとっては『神様に喜んで頂く生き方』を貫くことが自己実現なのです。
 
 
自分の人生を神様に捧げる心で生きているうちに、
自然になすべきことに出会い、そのひとつひとつを誠実に
精一杯取り組むうちに、現在の状態にたどり着いたそうです。
 
 
我々凡庸の人からは、ちょっと想像できないレベルの話ですが、
これもひとつの『自己実現』であり、
大切なことを教えてくれる事例であると思います。
 
 
自己実現の中身は人それぞれかと思いますが、このように
自己実現をしているとき、人は幸せであり、生きる喜びがいつでも感じられるのです。
 
 
皆さんそれぞれの自己実現があって良いのです。
ぜひ自分の自己実現を目指してみて下さい。
 
 
なぜなら自己実現した人は、自分の周囲の人々にとって
灯火(ともしび)であるからです。
周囲を照らす灯火(ともしび)になって頂きたいのです。
 
 
一隅を照らす灯火(ともしび)です。
そんな灯火が増えることで、さらに多くの人々が
笑顔になっていくだろうし、国や社会が良くなっていくだろうからです。
 
 

あわせて読みたい関連記事: