人生は受け取り方の修業

家族や愛する人にアドバイスや意見を言っても、
相手が変わらない思うように反応しないとき、
どうしたらいいでしょうか。
 
 
まずは自分が笑顔を保ち、幸せな方に向かうことです。
悪いものにひきずられると自分も苦しむのですから、
そうならないようにしましょう。
 
 
相手を変えようと思うならば、まずは、
「自分が明るく笑顔でいよう」と思うことです。
 
 
その姿勢をくずさなければ、ようやく相手が変わり始めます。
明るいほうが強いので、変わらざるを得ないのです。
 
 
まずは自分が自分の機嫌を最高によい状態にするのです。
「自分が自分の親になる」のです。
 
 
愛着障害(親の愛情不足)は誰でも少しは抱えています。
それが強く出ているときは誰でも、
誰かの愛がほしいので必死ですがりつきます。
 
 
しかし、それでは解決は難しいでしょう。
自分が自分の親になって自分を育てていくと、
不足した愛情が自分で補充できるのです。
 
 
すべて、学びながら刻々に変化しているのです。
学びの絶対量(人それぞれ必要量は違う)が
足りてないと何をやっても底が抜けるものです。
 
 
人生はすべて受け取り方次第です。
明るく笑顔になれる受け取り方を工夫するの心の修業です。
 
 
いかに素直に、いかに感謝し、いかに前向きに、
ものごとを受け取るか。
悟れていないのは考え方の工夫不足です。
 
 
自分の中の親、それは守護霊や神仏といってもよいでしょう。
神様だったらどう考えるだろうか、
守護霊だったら、これをどう解釈するだろうか。
 
 
自分が自分の親になり、肉親から得られなかった愛
(愛には慈と悲の側面があります)を対話で与え、
我が心を救うのです。
これは愛着障害の特効薬でもあります。
 
 
内なる対話で自分を育てていくことで未熟だった自我が成熟します。
すると、周囲の人間も次第に変わっていくのです。
 
 

あわせて読みたい関連記事: