不足している脳内物質を薬で一生補うのか

セロトニン、ドーパミン、βエンドルフィンなどの
脳内ペプチドまたは脳内ホルモンと呼ばれる
物質が、心の状態に関与していることはご存知の方も多いと思います。
 
 

抗うつ剤は、脳内でこれらの物質のどれかを
増やしたり、分解されるのを遅らせたりして、心の症状を緩和しようとします。
 
 

こういう話を知ると、
「不足している脳内物質を薬で一生補うしか治らない」
という誤解をする人がいます。
 
 

この誤解はかなり蔓延しています。精神科医の説明不足もそれを助長しています。
これだと、自分の心の苦しみを除去する唯一の道具が、
抗うつ剤などの薬という話になってしまいます。
 
 
この発想がどんどん進むと、薬がどんどん増えて、
10も20も錠剤を飲んでいる患者になってしまいます。
医者も、患者が何か相談すると「じゃ、薬を増やします」
となる医者が日本にはまだ多いのですから、無理もありません。
 
 

しかし、心の持ち方を変えると、脳内物質は自分の力でコントロールできるのです。
この事実は医学的にも脳血流検査で検証されています。
だからこそ、「うつ病への認知行動療法」は保険で受けられるようになったのです。
 
 

心の中の言葉を変える訓練で、脳内物質は正常に分泌されるようになります。
薬物療法をやめられなかった重度の患者でも、
この訓練で、薬を全部やめたケースも多いです。
 
 

日本では手間と時間のかかるこの訓練を
やってくれる医師がほとんどいないし、診断名によっては保険も効かないので、
一部の医者しかとりあつかっていないのです。
 
 

「ありがとうございます」
「すべてはうまくいっている」
「なんとかなるなる」
「私にはできる」
「絶対にできる」
 
 

今日、あなたはこんな言葉を自分の心にしっかりとくりかえしましたか?
そうすれば必要な脳内物質がどんどん出るようになっていきます。
 
 

愚痴、不平、不満、悪口、泣き言、ダメだし
は脳内物質を枯渇させますので、やめましょう。
 
 
 

mailseminer1.JPG

潜在意識完全活用マニュアル

 

あわせて読みたい関連記事: