不快なものに焦点をあてないほうがよい理由

誰でも不快なもの、不愉快な出来事はあります。
それをじっと考えたり、悩んだりすることも多いでしょう。
 
 
しかし、潜在意識の働きからいうと、それは考え物です。
潜在意識は検索エンジンのようなものです。
「なぜ、できないのだろう?」と検索すると、
 
 
できない理由ばかりが検索結果に並びます。
「どうしたらうまくできるだろうか?」
と検索すると、できる方法が検索されるのです。
 
 
潜在意識はその人が考えるものを引き寄せます。
不快なものを考えていると、再び、不快なものが引き寄せられ、
再現されることになります。
 
 
反対に、快適なもの、幸運、至福を考えると、
快適なもの、幸運、至福が再び目の前に引き寄せられます。
 
 
これが引き寄せの法則であり、潜在意識の働きです。
潜在意識に入った暗示が現実化されるという
催眠療法の原理もここからきています。
 
 
ぜひ、感謝できること、喜ばしきことに意識を向けて
それに思考の焦点を当てていきましょう。
すると、それが拡大再生産されていくので、
 
 
ますます感謝できること、喜ばしきことが
あなたの身の回りに増えていくのです。
反対に、不満、自己卑下、不愉快なことに
 
 
あなたの意識の焦点があたっていると、
そのような類似の現象があなたの身の回りに
拡大再生産されていくことになるのです。
 
 
不快なものではなく、快適なものに、
意識の焦点を当てることに積極的になってみませんか?
あなたにとって感謝できることはなんでしょうか?
 

あわせて読みたい関連記事: